表面処理開発サービス案内

高精度、高機能性めっき処理 ネオスライダ

ネオスライダ(PTFE共析無電解ニッケル処理)

PTFE共析無電解ニッケル処理の特徴
スライダ処理
水に対する接触角 : 約130°
  1. PTFE(ポリテトラフルオロエチレン)共析量が20~25Vol%の無電解ニッケル被膜です。
  2. 低荷重下での耐摩耗性、摺動性に優れる。
  3. 非粘着性のため離型性、剥離性に優れる。
  4. 撥水性、撥油性に優れる。
  5. 環境規制(RoHS、PFOS規制)に対応した皮膜
    皮膜中に鉛化合物及びPFOS(パーフルオロオクタンスルホン酸)に該当する界面活性剤を使用していません。
【耐摩耗性・摺動性】【滑り性】【自己潤滑性】【離型性・剥離性】
【撥水性・撥油性】【均一性】【密着性】【耐食性】【Pb・PFOAフリー】
PTFE共析無電解ニッケル皮膜構造

【表面】10000倍
【断面】2500倍

RoHSPFOA規制:被膜中に鉛化合物及びPFOA(パーフルオロオクタンスルホン酸)含有量は規制値以下

摩擦係数

被膜評価結果
接触角 約118°
被膜密度 6.7g/cm3
耐熱温度 約350℃(PTEEの熱分解温度)
皮膜硬度 析出時 Hv200~300
320℃、1hr熱処理 Hv300~400
静摩擦係数 0.11~0.22μs
動摩擦係数 0.05~0.08μk
[垂直荷重:0.98N(100gf)、圧子:Φ10mmSUSボール]
耐摩耗量 10.1ds/mg
[荷重:9.8N(1000gf)、研磨紙:#600、300往復]
試作対応中

試作可能最大寸法 : 400×100×250(製品重量10kg以下)

※ご不明な点や試作内容についてのご相談はお気軽に。

技術問合せ先:株式会社熊防メタル 生産技術課

このページの先頭へ

熊本ブライト企業 がんばろう熊本 中小企業庁:事業継続力強化計画 熊本県女性の社会参画加速化宣言 熊本リーディング育成企業 未来牽引企業
SSL グローバルサインのサイトシール