表面処理開発サービス案内

高精度、高機能性めっき処理 スライダ処理

スライダ処理(PTFE共析無電解ニッケル処理)

PTFE共析無電解ニッケル処理の特徴
スライダ処理
水に対する接触角 : 約130°
  1. PTFE(ポリテトラフルオロエチレン)共析量が20~25Vol%の無電解ニッケル皮膜です。
  2. 低荷重下での耐摩耗性、摺動性に優れる。
  3. 非粘着性のため離型性、剥離性に優れる。
  4. 撥水性、撥油性に優れる。
  5. 環境規制(RoHS、PFOS規制)に対応した皮膜
    皮膜中に鉛化合物及びPFOS(パーフルオロオクタンスルホン酸)に該当する界面活性剤を使用していません。
PTFE共析無電解ニッケル皮膜構造

摩擦係数

試作対応中

試作可能最大寸法 : 400×100×250(製品重量10kg以下)

※ご不明な点や試作内容についてのご相談はお気軽に。

技術問合せ先:株式会社熊防メタル 生産技術課

このページの先頭へ