表面処理開発サービス案内

無電解ニッケルめっき

無電解ニッケルめっき

こんなことでお困りではありませんか?
●大物の製品を処理したい ●製品の外観を良くしたい
●膜厚は均一にしたい ●パイプの内部等、あらゆる箇所にメッキしたい


すべて熊防メタルの無電解ニッケルメッキでお応えします!
熊防メタル無電解ニッケルの特徴

大型設備
最大処理寸法(mm) /アルミ(長さ3,800x幅300x3,200)最大重量 3,600kg、鉄(長さ2,200x幅400x1,200)最大重量 400kgの設備で液晶関係をはじめ、小物製品から超大型製品までの対応が可能です。

光沢性
通常、無電解二ッケルめっきは「光沢を出すことは難しい」とされています。
しかし、当社の無電解ニッケルめっきは表面の凹凸が小さく、電気ニッケルめっきと同等の光沢を得ることが可能です。

均一性
機械的・電気的・物理的特性に優れ、複雑な形状に対しても、ご希望の膜厚をムラなく均一に仕上げることができます。

無電解ニッケルめっき

無電解ニッケルめっきの用途
産業分類 用途部品 目的
自動車工業 ディスクブレーキ、ピストン、シリンダー、べアリング、精密歯車、回転軸、力ム、各種弁、工ンジン内部 硬度、耐摩耗性、焼き付き防止、耐食性、精度など
電子工業 接点、シャフト、パッケージ、バネ、ボルト、ナット、マグネット、抵抗体、ステム、コンピューター部品、電子部品など 硬度、精度、耐食性、ハンダ付け性、ろう付け性、溶接性など
精密機器 復写機、光学機器、時計等の各種部品 精度、硬度、耐食性など
航空・船舶 水圧系機器、電気系統部品、スクリュー、工ンジン、弁、配管など 硬度、耐摩耗性、離型性、精度など
科学工業 各種バルブ、ボンプ、揺動弁、輸送管、パイプ内部、反応槽、熱交換器など 耐食性、汚染防止、酸化防止、耐摩耗性、精度など
その他 各種金型、工作機械部品、真空機器部品、繊維機械部品など 硬度、耐摩耗性、離型性、精度など
無電解ニッケルめっきの特性
化学組織 Ni: 90~ 92 %  P:7~ 10 %
組織 析出状態ではほぼ非晶質、熱処理すると結晶形となり、析出硬化現象を示す。
比重 析出状態:7.9  400℃以上で加熱:7.8
融解温度 890℃
比抵抗 60~75μΩ・cm/cm2、 400℃以上で加熱したものは 1/3 以下に低下。
熱膨張係数 13×10-6cm/cm/℃
熱伝導度 0.0105~0.0135cal/cm/sec℃
磨耗抵抗 電気めっきより優れている。 650℃で熱処理したものは、使用例によっては硬質クロムより優れている場合もある。
磁性 析出状態でほぼ非磁性。熱処理すると磁性を生ずる。
均一性 形状如何によらず、つきまわりが良い。通常品で精度土 15 %以内。
密着性 優れている。
耐食性 純ニッケルと同等または優れている。
硬度 析出状態:400~500Hv。400℃で熱処理:800~1,000Hv
※無電解ニッケルめっきは「カニゼンめっき」「C-Niめっき」「Ni-Pめっき」ともよばれています。
このページの先頭へ