熊防メタルについて

SDGs(持続可能な開発のための2030アジェンダ)

2030年SDGs達成に向けた経営方針と目指す姿

熊防メタルの経営方針である、「地域に貢献し、企業の発展を目指す」ことを掲げ、お客様との信頼と社員一人ひとりとその家族の幸せ実現に活動をしています。持続可能な社会の実現を目指すSDGsの理念に共感し、経営活動を通じて「社会」「経済」「環境」の3側面を捉えSDGsの目標達成に貢献する企業を目指す。

環境に配慮した取組み

▼ISO14001を取得し、ISO規格に沿った環境マネジメントシステムを構築することによって環境に配慮した取組みを行っています。

◯水・電気使用量の削減 ◯産業廃棄物・廃液処理量の削減 ◯騒音よる公害防止

全ての社員が活躍する職場環境づくり

▼ 安全衛生委員会を通じて、労働災害・通勤災害防止等の取組み
▼ 社員が心身ともに健康を維持できるよう対策を講じ生産性向上に取組む「定期健康診断」・「特種健診」・「メンタルヘルス」
▼ 各種ハラスメントを防ぐ体制の整備

技術開発向上による世の中への貢献

▼ 技術を進化させ、様々なニーズに対応し世の中へ貢献します。色んな問題点を真摯に対応していきます。
▼ 地元の若者を職場体験やインターシップを通じて、将来の技術者の排出にも力をいれています。

このページの先頭へ