高精度、高機能性めっき処理

無電解ニッケルめっき

無電解ニッケルの特徴

大型設備
最大処理寸法( mm ) (長さ 3 , 800 × 3 . 000 × 200 )最大重量 3t の設備で液晶関係をはじめ、小物製品から超大型製品までの対応が可能です。

光沢性
通常、無電解二ッケルめっきは[光沢を出すことは難しし 」とされています。
しかし、当社の無電解ニッケルめっきは表面の凹凸が小さく、電気ニッケルめっきと同等の光沢を得ることが可能です。

均一性
機械的・電気的・物理的特性に優れ、複雑な形状に対しても、ご希望の膜厚をムラなく均一に仕上げることができます。

無電解ニッケルめっき

無電解ニッケルめっきの用途
産業分類 用途部品 目的
自動車工業 ディスクブレーキ、ピストン、シリンダー、べアリング、精密歯車、回転軸、力ム、各種弁、工ンジン内部 硬度、耐摩耗性、焼き付き防止、耐食性、精度など
電子工業 接点、シャフト、パッケージ、バネ、ボルト、ナット、マグネット、抵抗体、ステム、コンピューター部品、電子部品など 硬度、精度、耐食性、ハンダ付け性、ろう付け性、溶接性など
精密機器 復写機、光学機器、時計等の各種部品 精度、硬度、耐食性など
航空・船舶 水圧系機器、電気系統部品、スクリュー、工ンジン、弁、配管など 硬度、耐摩耗性、離型性、精度など
科学工業 各種バルブ、ボンプ、揺動弁、輸送管、パイプ内部、反応槽、熱交換器など 耐食性、汚染防止、酸化防止、耐摩耗性、精度など
その他 各種金型、工作機械部品、真空機器部品、繊維機械部品など 硬度、耐摩耗性、離型性、精度など

 

無電解ニッケルめっきの特性

化学組織 Ni: 90~ 92 %  P:7~ 10 %
組織 析出状態ではほぼ非晶質、熱処理すると結晶形となり、析出硬化現象を示す。
比重 析出状態:7.9  400℃以上で加熱:7.8
融解温度 890℃ 60μΩ/cm/cm2、 400℃以上で加熱したものは 1/3 以下に低下。
熱膨張係数 13×10-6cm/cm/℃
熱伝導度 0.0105~0.0135cal/cm/sec℃
磨耗抵抗 電気めっきより優れている。 650℃で熱処理したものは、使用例によっては硬質クロムより優れている場合もある。
磁性 析出状態でほぼ非磁性。熱処理すると磁性を生ずる。
均一性 形状如何によらず、つきまわりが良い。通常品で精度土 10 %以内。
密着性 優れている。
耐食性 純ニッケルと同等または優れている。
硬度 析出状態:400~500Hv。400℃で熱処理:800~1,000Hv
※無電解ニッケルめっきは「カニゼンめっき」「C-Niめっき」「Ni-Pめっき」ともよばれています。

ネオブラック(無電解ニッケル黒)

KBM処理:PTFEを主成分とする、艶消し黒色のフッ素コーティング鉛を含まないRoHS指令対応の、黒色の無電解ニッケル皮膜です。
ニッケル表面を強制酸化させ黒色としているため、熱や紫外線による退色が無く、ヒータープレートなどに最適です。

KBM処理:PTFEを主成分とする、艶消し黒色のフッ素コーティング◎耐紫外線試験の様子
※紫外線:超高圧水銀ランプにて4.6mJ/cm2で 24時間照射後ち外観否化無し
ネオブラック(無電解ニッケル黒)の特徴
  1. 複雑な形状の部品やパイプ内面にも均一な皮膜が得られる。
  2. 耐光性が良好。(反射防止及び耐紫外線用途に使用可能)
  3. 皮膜は熱安定性に優れ、200℃×24hrでもほとんど変色・退色しない。
  4. 硬度が高く、傷が付きにくい。(最表層の黒色部分は、Hv100以下)
  5. 他の黒色皮膜に比べ耐磨耗性に優れています。
KBM処理:PTFEを主成分とする、艶消し黒色のフッ素コーティング
素材の状態で黒色の見え方 が違います。
サンプル等で ご確認をお願いします。
皮膜構造及び標準膜厚 ( ※ネオブラック処理後の状態)


表面処理仕様検討の際の留意点

1.膜厚
めっき皮膜 標準:20μm (15-25μm)
※最小膜厚として 15 μm

2.耐食性 ( ※塩水噴霧試験結果 )
(1)外観変色まで・・・4時間
(2)錆の発生については、下地の無電解ニッケル(膜厚)の耐食性となります。
※無電解Niの耐食性は、素材の表面状態に大きく左右されます。

3.RoHS対応について
鉛(Pb)を含まない、鉛フリーです。
※Rohs指令の規制に対応しています

処理仕様

処理可能寸法
最大寸法 2,000×200×1,000(処理可能重量:100Kg以下)

※製品形状・仕様により、納期・単価に影響します。
事前の打ち合わせをお願いします。 尚、上記寸法・重量を超える場合も一度、 ご相談をお願いします。

特記事項

大物品、又は量産品の場合は事前の打ち合わせをお願いします。
素材・形状によっては、一部めっき不可部分が発生する場合があります。
また、溶接跡(焼け)のある場合は、処理方法をご相談させていただきます。

資料:ネオブラック(無電解ニッケル黒)

ネオデュール処理(高硬度無電解ニッケルめっき)

特徴

①熱変形の恐れがありません!
従来の無電解ニッケルめっきでは、硬度を要求される際には熱処理が必要でした。 複雑な形状品や薄板など、熱処理による変形の恐れがありません。

②追加工は要りません!
硬質クロムめっきの皮膜は硬さに優れますが、精度を出すために後加工していませんか? 膜厚精度は従来の無電解ニッケルめっきと同等で、厳しい公差にも対応します。

③治具作製を省いて納期短縮!
硬質クロムめっきでは、パイプの内面など特殊な治具が必要でした。 無電解めっきでは治具が不要なので、治具作製の納期短縮が可能です。

④その他の特長
電気的特性・・・はんだ付け性に優れる   環境対応・・・もちろんRoHSにも対応

ネオデュール
硬さのイメージ


皮膜データ
ネオ・デュール処理 一般的な工業用無電解ニッケル
ニッケルの純度 約98%(リン約2% 含有) 90~92%(リン8 ~10% 含有)
皮膜状態 結晶性 非晶質
耐食性 良好※ 良好
硬度(Hv) 約Hv750
(300℃加熱処理後Hv900 ~1000)
約Hv550
(300℃加熱処理後Hv700 ~800)
磁性 あり なし
変色(耐熱) 250℃-1時間加熱で変色なし 250℃-1時間加熱で変色なし
電気抵抗(μΩ・cm) 20~30 60 ~ 70

※素材の状態によりますが、工業用無電解ニッケルとほぼ同等です。

通常の仕様ではめっき膜厚10μmとなっております。
対応素材は鉄、アルミ、銅、ステンレスです。

法人様お見積り 個人様お見積り 無料お見積りはこちら
表面処理試作Lab 熊防ショッピング よくあるご質問 METAL'S NEWS 年間予定 技術資料 社会貢献活動 採用情報 採用情報 採用情報 FaceBook イプロス製造業
ホームページ制作 福岡