高精度、高機能性めっき処理

BS-ET処理(化学ブラスト調処理)

BS-ET処理の特徴

BS-ET処理は、アルミ表面をRa5μm以上に粗化するための特殊エッチングです。接触面積を減らすことで、接触帯電、剥離帯電を軽減します。

KBM処理:PTFEを主成分とする、艶消し黒色のフッ素コーティング

BS-ETはこんな用途に適しています

アルミ製品に耐食性のよい表面処理をしたい。 
絶縁破壊を防止したい。 
ゴミやホコリから製品を守りたい。 
製品と保持台の離れを良くしたい。

接触帯電と表面粗さ

異素材が接触すると、各々の表面エネルギーの違いにより、界面で電荷の移動が起こります。
材料が不導体の場合は、この余分な電荷は剥離後も界面に留まり、その結果材料を帯電させます。
このような帯電は、表面を粗して接触面積を減らすことで、移動する電荷を減少させ、帯電量を抑えることが知られています。

技術資料 
法人様お見積り 個人様お見積り 無料お見積りはこちら
表面処理試作Lab 熊防ショッピング よくあるご質問 METAL'S NEWS 年間予定 技術資料 社会貢献活動 採用情報 採用情報 採用情報 FaceBook イプロス製造業
ホームページ制作 福岡