会社概要

設備情報

本社工場:主要設備・ライン一覧

コスモライン・スバルライン

特徴:大型ラインの導入によりさまざまなお客様のニーズに対応できる設備です。アルミ素材でアルマイト(白)、硬質アルマイト、無電解ニッケル、導電性アルマイトが処理可能です。スバルラインは鉄の無電解ニッケルも可能です。

コスモライン(アルミ 最大処理寸法:3800×3000×200 mm 最大重量2500㎏)
スバルライン(アルミ 最大処理寸法:2200×1800×400mm 最大重量800kg)
スバルライン(鉄 最大処理寸法:2200×1200×400mm 最大重量400kg)

めっき大型ラインめっき大型ライン

ギンガライン

特徴:〔環境対応型新亜鉛めっき装置〕 ・将来のノンクロメート処理にも対応可能 ・少量多品種から自動車部品も量産品まで対応
新自動Znライン(最大処理寸法:単位mm)450×200×1300

新自動Znライン新自動Znライン

KBMライン

特徴:耐薬品性や撥水性に優れた処理です。
KBMライン (最大処理寸法:単位mm) 1300×1000×250

KBMラインKBMライン

第一工場:主要設備・ライン一覧

アルマイトライン・硬質アルマイトライン

特徴:アルマイトライン・硬質アルマイトライン (最大処理寸法:単位mm)3000×1100×500

アルマイトライン・硬質アルマイトラインアルマイトライン・硬質アルマイトライン

電解研磨
特徴:電解研磨 (最大処理寸法:単位mm)
SUS:2800×1400×500
アルミ:500×600×200

電解研磨
亜鉛手動ライン
【主な処理製品】 半導体液晶
亜鉛手動ライン1
亜鉛手動ライン2

会社概要

屋号 株式会社 熊防メタル
設立 平成13年1月 (熊本防錆工業株式会社より分社独立)
熊本防錆工業株式会社は創業昭和8年
資本金 2,000万円
所在地 熊本県熊本市東区長嶺西1丁目4番15号(熊本総合鉄工団地内)
アクセスマップを見る⇒
熊本I.C.から車で約15分
代表者代表取締役 前田博明
事業内容 【表面処理全般】
アルマイト・導電性アルマイト・3価クロメート亜鉛めっき・無電解ニッケル・KBM処理・電解研磨 貴金属・その他のめっき
関連会社 熊本防錆工業株式会社 リンク
主要取引先 半導体分野、自動車分野、工作機械分野、液晶分野、環境製品分野、医療機器分野、電子分野、太陽光発電装置分野、その他生活品 他
取引先銀行 肥後銀行 本店
敷地 土地:4,604㎡ 建物:2,979㎡

会社沿革

1933年 8月 前田めっき工業を熊本市本荘町に創立
1947年 10月 法人組織に改め、合資会社熊本県防錆工業所設立
1951年 4月 井関農機(株)熊本工場より受注開始
1966年 8月 熊本防錆工業株式会社設立、資本金125万円
1967年 8月 熊本総合鉄工団地内に工場建設
1969年 5月 三菱電機(株)熊本工場より受注開始 
9月 IC錫めっき用自動装置を設置
1973年 3月 亜鉛バレルメッキ装置を設置
1974年 3月 IC錫めっき用自動装置を設置
7月 資本金1,000万円に増資
1975年 5月 資本金3,000万円に増資
1983年 9月 鉄工団地に1000坪の用地を取得し、IC専用工場建設
全自動はんだメッキ装置設置
1984年 5月 第2工場でリード加工部門設置
1986年 4月 第1工場でアルマイトライン設置
1988年 4月 ICのファイルテスト開始
1990年 10月 ICフレームのディプレス・テーピング加工開始
1991年 4月 ICのファイナルテスト工場設置
1993年 2月 全自動亜鉛バレルめっき装置設置
1994年 5月 ICファインピッチ対応部分銀メッキ装置設置 
11月 IC事業部でISO9001を認証取得
1996年 2月 IC工場新棟竣工 
11月 熊本防錆工業IC事業部でISO9002を認証取得
1998年 7月 熊本防錆工業IC事業部でISO14000を取得
1999年 3月 マテリアルセンター竣工
2000年 8月 大型無電解ニッケルライン(スバルライン)設置
2001年 1月 熊本防錆工業めっき事業部が分社独立し、熊防メタル設立
2002年 7月 熊防メタルとして、大物アルマイトライン増設
2003年 5月 熊防メタルとして、超大型処理ライン(コスモライン)設置
2005年 10月 亜鉛自動ライン設置 自動ライン設置(ギンガライン)
2007年4月 コスモ-ETで熊本県工業大賞技術賞受賞
2011年 12月 熊防メタル設立10周年
2012年 2月 「高機能アルマイト処理技術」熊本県工業大賞受賞
2012年 3月 超高質アルマイト「イーマイトUH」処理
中小企業優秀新技術:新製品賞受賞

経営理念

社長あいさつ

弊社は、表面処理加工技術のパイオニアとして、時代が必要とする製品への表面処理技術を通じて地域の産業や社会に貢献するとともに今後とも多様化するニーズに応えるべく努力をし、まごころをもって使命の実現に努めてまいります。

経営理念

弊社は、表面処理加工技術のパイオニアとして、時代が必要とする製品への表面処理技術を通じて地域の産業や社会に貢献するとともに今後とも多様化するニーズに応えるべく努力をし、まごころをもって使命の実現に努めてまいります。


経営方針

地域に貢献し、企業の発展をめざす

1 . お客先への貢献
品質、価格、納期、サービスにおいて他者を圧倒し、お客様の強い信頼を勝ち取る

2 . 体質強化
無理・無駄を排除し、節約に努め、生産効率を向上させ、製造原価の逓減を目指す

3 . 技能向上とチームワークの強化
より高い技術の習得、技能の向上に努め、お互い助け合うチームワークの精神を常に持つ

4 . 技術開発力の向上
オンリーワン技術、他者の一歩先を行く先進的技術、あらゆるニーズに対応できる技術開発力の強化を目指す

5 . 製造技術の工夫・改善
コスト低減に寄与する製造ラインの工夫と改善に努め、不良品を出さない品質検査体制を確立する

6 . 営業力強化
お客様との良好な信頼関係の構築、強化に注力する
訪問を惜しまずフェイス・ツー・フェイスの営業を実施する
新分野・新規顧客開拓のための情報発信型提案営業に取り組む

7 . 職場の活性化
社内規定を遵守し、安全で明るい職場づくりに協力する
5S活動を徹底する

キャラクターの由来

ギリシャ哲学における土・空気・火・水など、万物の根源をなす構成要素『元素』の丸い形をモチーフにデザイン展開しました。
未来をイメージさせるこのロボットは最先端の象徴であり、力強く握った拳は技術革新において常に挑戦していく熱意と決意を表します。
地球との共存、他の生物との共生を目指し日々努力研鑽をおしまないスーパーロボットです。

クマボウ君

METAL SPIRIT

市場は日々変化を続け、新しい技術、新しい商品が開発されると、それに伴うニーズが生まれてきます。
私たち熊防メタルでは今まで培ってきた技術とノウハウをベースに新たなニーズに応えるべく日々研究 と開発を続けています。
その研究と開発で得た知識は、研究者から各セクションで働く作業者に伝達され 、情報を共有することで高い意識と生産能力が生まれます。
不具合が生じた場合もいち早く研究室に報告され、対策の検討、問題点の解決をスピーディーに行います。
そういった管理体制の在り方、各セクションの作業者の高い意識が優れた品質を保ち、市場ニーズに対応 する企業姿勢となっています。
単なる作業者ではなく、1人1人が技術者であり研究者であること。
それが熊防メタルスピリッツです。

法人様お見積り 個人様お見積り 無料お見積りはこちら
表面処理試作Lab 熊防ショッピング よくあるご質問 METAL'S NEWS 年間予定 技術資料 社会貢献活動 採用情報 採用情報 採用情報 FaceBook イプロス製造業
ホームページ制作 福岡